求人票の見方について

医療事務の求人票には、病院名や住所、院長や理事長などの代表者名のほかにも、その医療機関の情報を判断するために様々な情報が書かれています。
そこで、医療事務の求人票の見方について紹介します。
これを知っておくと後悔のない職場選びが出来ます。
まず病院名をチェックします。
病院名のほかに住所や院長名も確認します。
病院名が分かったら、インターネットなどの病院名を検索してどのような医療機関なのか調べます。
どのくらいの規模の医療機関なのか、評判は良いのか、病院理念も検索して、自分に合っている医療機関なのかも確認することが重要です。
そして、採用役職は必ず確認します。
万が一医療事務のほかにも、病棟事務や総務、経理の事務ではないかも確認しておきます。
採用人数は何名と明確に書かれている場合もありますが、若干名と書かれている求人は約1~5名の採用と覚えておきます。
給料の項目はほとんどの求人票では、税込み額を表示しているので手取り額は所得税、住民税、社会保険関係を控除した額になっています。
通勤費も全額支給なのか、限度額が設定されているのかもチェックします。
賞与の部分はいわいるボーナスのことで、年2回支給される医療機関が多いです。
2回分の支給月数が書かれています。
勤務時間は職種や配属される部署によって変わるので、注意が必要です。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 医療事務の求人について知っておきたいこと All Rights Reserved.