医療事務の求人について知っておきたいこと TOP > コンテンツ一覧 > 求人票では分からない 病院が本当に求めている人材

求人票では分からない 病院が本当に求めている人材

医療事務の募集内容を見ていても分からないのが、医療機関側が求めている人材です。
求人票には給料や待遇が書いてあっても、どんな人材を求めているのかは書いていないです。
そこで、医療機関側は本当はどんな医療事務の人材を求めているのか紹介します。
机にずっと座って勉強するのが好きで成績が良いといった人が褒められるのは、学生時代までです。
医療機関に就職すれば、机に座っているのが好きで仕事は嫌いという人は一番困ります。
医療機関側が本当に求めているのは、勉強好きではなく努力型の人です。
医療機関が求めている人材は二通りです。
一つは男性にも引けをとらないほどたくさんの仕事をこなし、とにかく仕事が出来る人材です。
もう一つは職場内の潤滑油として仕事の分野を問わず、いろいろな仕事が出来る人材です。
どちらも一定の仕事を任せられる人で、気配りの出来る人が欲しいのです。
また、医療事務の資格や知識はもちろんのこと、パソコンにも強い人も欲しいと思っています。
ですが、最後にものを言うのは人柄です。
細かい気配りが出来て、しっかり周りと協力出来る人材が一番と考えています。
挨拶がきちんとでき、言葉遣いが丁寧で、服装や身だしなみがきちんとしている社会人としての基本的資質を求めています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 医療事務の求人について知っておきたいこと All Rights Reserved.