医療事務の求人について知っておきたいこと TOP > コンテンツ一覧 > 求人票を見るときに役立つ医療機関の特徴について

求人票を見るときに役立つ医療機関の特徴について

医療事務の求人には様々な種類の医療機関からの求人があります。
病院やクリニックのほかに、保険組合や調剤薬局の求人ととても幅広い医療関係の求人があります。
そこで、求人票を見るときや就職活動の際に役立つ、医療機関の特徴について紹介します。
まず一般的な病院です。
「医療法人~病院」と書かれている病院は、一般的な病院の入院病床数は20床以上で、医療法人が設立したいわいる普通の病院です。
仕事内容も分担されていて、専門的な知識が必要になります。
また「~診療所」「~クリニック」と書かれている医療機関は個人や企業、医療法人が設立した19床以下の小規模な診療所です。
仕事の幅がとても広く、医療事務の仕事だけではなく、医師や看護師のサポートや患者さんとのふれあいが多い職場でもあります。
国立病院は国や都道府県が設立、経営している病院で、大規模な医療機関です。
信頼性が高く、地域に密着した医療で研究思考です。
そして大学病院は主に私立大学の一部として経営されている病院です。
患者数も多く、専門性が高い医療機関でもあります。
大学職員としての採用で、研究機関の一つとして扱われているのが特徴です。
仕事内容も細かく分類されています。
保険組合は企業が設立したもので、事務処理が多いです、場所は都市部に多く、残業が少ないのが特徴です。
調剤薬局は保険調剤事務の仕事がほとんどです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 医療事務の求人について知っておきたいこと All Rights Reserved.